カートをみる ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

自律神経 不眠 冷え 冷え症 低体温 ホルミシス 遠赤外線 マイナスイオン 低線量放射線 体温 ラジウム 温泉 ラドン 免疫力 体温 

日本機能性イオン協会のホルミシス分科会において『ワンエムフォー21』が、ホルミシス商品として認定されました。

ワンエムフォーについて

■Q:誰でもホルミシスは実感できますか?

■A:使用してすぐ実感できる人もいれば、1ヶ月から3ヶ月で実感できる方もいます。自覚できるまでには個人差もございます。ひとつ言えることは、感じ方は人それぞれでも必ず同じ作用は働いているということです。健康な方、そうでない方、若い方、ご年配の方、感じるまでに時間を要する方も正直おりますことをご了承くださいませ。

■Q:敷きふとんの種類の違いを教えてください。

■A:3タイプからお選びいただけます。

◎三ツ折マット

1.体圧分散ウレタンフォーム3層構造で、70mmの厚みがあります。

2.畳やフローリングでお使いになる場合はこれ1枚で大丈夫です。

3.ウレタンフォームが入っている側地はそれぞれL字ファスナーがついていて、ウレタンフォームの入れ替えが(ローテーション)できるので長く使えます。

4.程よい硬さなので寝返りもしやすいマットです。

5.ファスナーを開けてウレタンフォームを取り外していただければ側地は丸洗いできます。

◎35m/m敷きマット

1.体圧分散ウレタンフォームを使用しており、35mmの厚みがあります。

2.ベッドをお使いの方はスプリングマットレスの上に、他寝具(綿や羊毛ふとん等)をお使いであればその上に乗せてお使いください。

3.L字に大きくファスナーがついておりますので、中のウレタンフォームを外していただければ側地も丸洗いできます。

◎ベッドパッド

1.ベッドのマットレスの上にお使いください。

2.両面仕様になっておりますので、夏面、冬面と使い分けることができます。

■Q:羽毛ふとんの羽毛の量はどうして細かく分かれているのですか?

■A:シングルサイズで例えますと、肌掛け0.3kg(羽毛量)、0.5kg、合掛け0.7kg、1.0kg、厚掛け1.3kgとございます。北は北海道、南は沖縄とそれぞれ住まわれている環境が違いますので、どんな環境にも合わせやすいよう選べます。関東であれば一般的に夏は0.3kg、春と秋は0.7kg、冬には0.7kgの上に0.3kgを重ねてお使いいただくことを提案させていただいております。住宅事情もそれぞれですので、お手数でもご相談いただければと思います。

■Q:枕は自分で調整できますか?

■A:誰でも簡単に高さ調整ができるようになっております。なんと、高さが6箇所で調整できるようになっており、ぴったり合わせられます。

※お手入れ方法は「寝具取扱い方法」をリンクしてくださいね。

■Q:ホルミシス寝具「ワンエムフォー21」はどれくらいの放射線量なのでしょうか。

■A:ホルミシス寝具の放射線量は、0.187マイクロシーベルト/時です。「ワンエムフォー」を使うと1時間でこれだけの放射線を受けることになります。1日平均8時間使用すると約1.5マイクロシーベルト、30日使い続けて45マイクロシーベルト、1年では540マイクロシーベルト(0.54ミリシーベルト)になります。日本の基準を満たしているどころか、単純計算でも寝具の1時間は玉川温泉(源泉100%)の23時間の入浴に相当するのです。玉川温泉の大浴槽の湯は強酸性ですからこんなに長時間は入ってはいられませんが、ホルミシス寝具では横になって眠っていればいいだけなので楽なものですよね。

■Q:マイナスイオンもでているとのことですが。

■A:世の中にはいろいろなマイナスイオン製品が販売されていますが、

発生方式を分類すると、主に4種類だそうです。「水破砕式、コロナ放電式、電子放射式、放射線式」です。ホルミシス寝具はこの中の“放射線式”です。電気代のいらないマイナスイオン発生器そのものです。

Q&A

ページトップへ